seiryuken_icon.gif

【名店の思い出】青龍軒―隠された厨房の奥に(zukkini)


 

名店にも終わりはあります。
二度と行くことの出来ないあの店を偲んで・・・・
 

まだ故郷の九州にいた学生の頃の話。
市内の中心部からわずかばかり外れた川辺の住宅街に、青龍軒というラーメン屋があった。 


看板が無く、「営業中」という小さな札以外、周辺からそれと分かるはっきりとした目印の類いも無い。
周囲の民家に完全に溶け込んでおり、誰かに教えられなければ、近くに住んでいる人ですら一生知ることが無い店だったかもしれない。


seiryuken_01.gif


俺がこの店を知ったのは中学生の時で、近くに住んでいた友達に案内されてやってきたのが最初だ。
その後このラーメン屋の近くにある高校に進学したことで青龍軒はずっと身近なお店になった。

近いだけでなく、安さも魅力。
詳細は後ほど説明するが、ワンコインで相当量が食べられるこの店は、当時月の小遣いがまさかの1000円だった俺にとって、たまに訪れる貴重な外食のファーストチョイスでもあったのだ。


seiryuken_02.gif


最後に食べた記憶は高校生のときであり、評価が適切かは疑わしいが、味が妙に濃かったのだけは覚えている。
なにしろ印象に残っているのはその安さのほうで、あの当時、チャーハン300円・大盛りチャーハン320円という謎の値段設定。巧みに大盛り世界へ誘う、このよく分からない米粒単価はどうですか。
(どうでもよいが、チャーハンを頼むと「謎の汁」と呼ばれる味の濃いスープがついて来て、コレを「前の客が残したラーメンの汁」とする説が一般的であった。)


seiryuken_03.gif


「看板無しでもやっていけるのは目印の行列が出来ているからだ!」

友人が白目剥いてシャウトしているのを黙って白目で聞いたことがあったが、確かに時々ここに数人人が並んでいるのを見たことがあるし、
値段云々抜きにしても、今思うとあの辺ではそこそこの名店だったのかもしれない。
臨時休業が多く、長期休業もザラ。遠方から来たと思しき福岡ナンバーの車が残念そうに帰っていくのを見るたび、
ここが名店だったのかと改めて感心せざるを得ない。


seiryuken_04.gif


青龍軒の特徴としてもうひとつ、内部の奇妙なつくりがあった。


seiryuken_05.gif

カウンターの他に、この店でしか拝めないであろう、極度に細い、幅1.5人分のスペースしかない座敷が備わっているだけ。
幅1.5人分の座敷に無理やり2名座らされるため、デブと一緒に座るとコチラが落とされるかデブが落ちるかのどちらかで、デブにもヤセにも平等に恐ろしいつくり。 

従って片方1人は完全に片尻でチョンと座る格好となり、まるで縁側に雑談にきた老人がちょっと腰掛けるような、実にフランクなスタイルで飯を食う羽目になる。

seiryuken_06.gif

本来お客に対してオープンなはずのカウンターの正面には、厨房を隠すように設置されたモザイク調のすりガラスが立ちはだかり、中の様子は我々客からは全く見えないようになっている。

seiryuken_07.gif

「何を混ぜてやがるんだ・・・・!」

モザイクで隠蔽された厨房の様子。
奥で不規則にうごめく数人の人影の、その一挙手一投足を注視せねば心が落ち着かないのがこの店の特徴でもある。 

このモザイクガラスのせいで、料理を出す際も特徴的。
このガラスの一部にある小窓が高速でガラっと開き、開いたかと思ったら奥の様子を隠すように開けたとき以上の速さで「ピシャッ」と閉めるのである。
まるで独房の小窓から臭い飯がスッと出されるときのような一連のムーブ。
すいませんでしたと心の中でお詫びしてから食べる習慣がつきそうになる。

seiryuken_08.gif

seiryuken_09.gif

隠されると気になるのが人間と言うもの。
しかし小窓から料理が出されるその刹那を狙い、何度も厨房を見ようとトライしてみるが、高速で閉まる扉に遮られる日々が待っている。

seiryuken_10.gif

小窓が開いた瞬間を狙い、それまでさも小窓などに興味なさげな様子で本を読んでいる風を装って、小窓が開いた瞬間に中を見ようとしたこともあったが、
なんと中のおじさんがこっちをガン見していてスゲーショックだったので、それ以来そのようなスケベ心を捨て、粛々と回転率UPを考えるだけの従順なイチお客に成り下がった次第である。

seiryuken_11.gif

しかしまあ、通えば通うほどに謎の深まる擦りガラスの向こう。色んな噂が流れたものである。 
厨房には無駄に10人ぐらいおりましたとか、おじさんが鍋に手を突っ込んでダシを取っておりましたとか、擦りガラスの向こうは天竺でしたとか、死んだはずのヒトラーが遅番で働いておりましたなど、
信憑性のあるものから全く無いもの、ついにそれらはガラスの向こうをネタにした青龍軒大喜利に昇華され、、、とにかく色んな噂があったのがここ青龍軒である。 

seiryuken_12.gif

ラーメン屋と分からない外観、変な間取り、そして謎の厨房。
我々の知る一般的なラーメン屋らしからぬ非常に奇妙な雰囲気にも関わらず、「青龍軒」という全くひねりのないネーミングがさらに珍妙さに拍車をかける。

残念ながら平成22年8月に閉店してしまった青龍軒。
名店の記憶が薄れぬよう、ここに記したい。




(文:zukkini 画:盛岡)



こちらのサイトでも共同執筆しております。
 

 




zukkiniの特集 | 2014.02.27 Thursday | 記事URL | comments(25)
コメント
盛岡のせいで途中からとんでもない展開になるのかとヒヤヒヤしてたけど
最後まで真面目な文章だった訴訟
43998 | 名無し | 2014/02/27 12:14 AM
なんか読みづらいなぁ
43999 | 名無し | 2014/02/27 12:26 AM
盛岡の意味なくね?いや、記事としては面白いんですけどね。
44000 | 名無し | 2014/02/27 12:27 AM
なにこれ読みづらっ。
44001 | 名無し | 2014/02/27 12:27 AM
言うほど読みづらいか?
絵ごとの文も短いし、文字読むのがめんどくさいとかじゃないのか
44002 | 名無し | 2014/02/27 12:55 AM
いいと思う
44004 | 名無し | 2014/02/27 1:00 AM
いい話になるのかとなぜか思っちゃってた
44005 | 名無し | 2014/02/27 1:03 AM
おもしろかった。テキストサイトぽくて凄く好き。
ただ、盛岡さんの事だから隠しクリックがあるのかと…
44006 | 名無し | 2014/02/27 2:55 AM
安西水丸を連想させる絵柄ですね
44007 | 名無し | 2014/02/27 3:27 AM
盛岡のアニメーションがPVに使われてる音楽知らない?
めっちゃ面白かったからもう一回見たいんだけど見つからない
44008 | 名無し | 2014/02/27 8:32 AM
ゲーム系SNSによく見られる失敗例ですね。
撮ったSS画像を精査しないでぶち込みすぎた結果
文字センテンスが分断されすぎて見づらくなるっていう・・
いや、記事としては面白いんですけどね。
44009 | 名無し | 2014/02/27 8:56 AM
ガラピシャスタイルの中華、中央区某所にあるよ。
44010 | ルールコ | 2014/02/27 9:19 AM
凄く良かった。盛岡さんの絵も合ってた。
二人はできてるの?てぐらい合ってた。
44011 | 名無し | 2014/02/27 11:23 AM
あ、やっぱ盛岡だった
タイトルにzukkiniしか書いてなかったから「???」ってなりながら読んでた
44012 | 名無し | 2014/02/27 11:36 AM
なんで看板が一切ないのに店の名前がわかるんだろう。
44013 | 名無し | 2014/02/27 12:26 PM
盛岡の絵のバースが気になる
44015 | 名無し | 2014/02/27 2:05 PM
仲いいな、二人。
44017 | 名無し | 2014/02/27 4:14 PM
懐かしい、私もよく行きました。
まさかzukkiniさんと同じ高校だったなんて・・・。
44018 | 名無し | 2014/02/27 6:40 PM
東陽片岡かと思ったら盛岡だった。
結構似てるのかも。
44034 | 名無し | 2014/02/28 1:04 AM
盛岡のせいで記事に集中できなかった
44037 | 名無し | 2014/02/28 7:13 AM
さすがです、行って見たかったなァ
44040 | 名無し | 2014/02/28 3:26 PM
最後に、跡地でもいいから写真が一枚欲しかった
44042 | 名無し | 2014/03/01 6:54 AM
このコラボから東海林さだおチックなムードを感じた
44050 | 名無し | 2014/03/02 2:14 PM
盛岡さんとずっきーにさんのコンビいいですねえ
44051 | 名無し | 2014/03/02 5:17 PM
ネットでググったら記事のまんまだった
44052 | 名無し | 2014/03/02 9:20 PM
<< 【まんが】初対面のサブカルの互いの知識の探り合い | 記事一覧へ | 死ぬほど硬くなったビンのフタを確実に開けるたった一つの方法 >>

ライター別エントリー

月別過去アーカイブ

PR

忙しい現代人のための 2秒で読める 世界クイック名作集

おしっこ我慢大喜利 ~不動尿王決定戦~ [DVD]

童貞骨牌 [単行本]

抱かれたい道場!(1)

4コマまんが マジオチくん

カッコカワイイ宣言!(4)


カッコカワイイ宣言! コミック 1-3巻 セット


ヤング!ヤング!Fruits


偉人ブログ


うさねこ