新宿で飲むならここ!歴史と風情あるゴールデン街を探検してきた!(リトル田中)
アド街も逃げ出すディープなところへ行ってきました





こんばんは。






みなさん、「新宿ゴールデン街」ってご存知ですか?









新宿歌舞伎町1丁目に、昭和から時が止まったような空間があります。





たくさんの飲み屋が並んでいるこの場所の総称、それが「ゴールデン街」です。
1950年頃から存在し、歴史のあるお店が多いのが特徴です。その数は今は200軒ほどと言われています。






聞いたことはあっても、年配の方が多そうとか敷居が高そうとか、一見で入れなさそうなんてイメージを持っているかもしれません。でも、ゴールデン街は若者も楽しめるステキな飲み屋がたくさんあるんです。そのことを伝えたくて、今回筆をとりました。










申し遅れました。ワタクシ、ゴールデンマンサックスと申します。




証券会社のゴールドマンサックスとは何の関係もありませんが、ゴールデン街でサックスを持っていたところ、周囲の人間にこう呼ばれるようになりました。ゴールデン街の水先案内人、「世にも奇妙な物語」で言うタモリの位置の人間ととらえていただければ間違いありません。



よくわからない前置きはこれぐらいにして、早速初心者でも楽しく飲めるお店をご案内いたしましょう。










まずはこちら、「しの」です。
※金粉を塗り固めたせいで、表情が一切作れませんが、本人としては満面のスマイルです。










去年40周年を迎えた、ゴールデン街でも老舗のお店です。





カウンターは8席ほどで、この日もお客さんで一杯。
こういう時は後ろのベンチに座って飲みます。




顔を金色に塗った男が入ってきたので、「芸人さん?」「どういうキャラで売ってくの?」「どんな曲歌うの?」と先客のおじさんたちに質問責めにされ、さっそくゴールデン街の洗礼を受けました。










ご飯はママが家で作ってきた日替わりの料理が、カウンターの上の大皿に盛ってあります。(この日ママは不在でした。)









特に始めての人に食べてもらいたいのが、このひょうたんの漬物。(写真左の緑色のやつです)

「ひょうたんって漬物にできるんだ!」と、初めて見た時は衝撃を受けました。いったいどんな味なのかと食べてみると、コリッとした食感に酸味の効いたキュウリのような味で大変美味です。




メニューもなければ値段も書いてないのでお会計が不安になりますが、ここはチャージ料金もなく、一杯500~700円なので良心的な価格です。

ゴールデン街には値段表やメニューのないお店も結構ありますが、大抵はお店の前に値段が書いてあったりしますので、ぼったくられるような心配はありません。多くの場合はチャージが500~1000円で、お酒の値段は一杯700円ぐらいです。




この日、「しの」のママは不在でしたが、彼女はゴールデン街を代表するような個性的な方で、いつも開店から自分でも飲み始め、9時頃にはカウンターを出てお客さんに混じって飲み出し、隣の人に「おい、肩をもめ」と言い出す人格者です。そんなママの屈託のない性格も影響してか、「しの」は居心地のいいアットホームなお店です。




さて、それではそろそろ次のお店に行きましょう。


ちなみにゴールデン街では、お店を出る時に店員さんから「いってらっしゃい」と声をかけられます。
この街では「はしご酒」するのが慣習となっているからですね。










昔からあるTHE・ゴールデン街という感じの「しの」に対して、若い人も多く集まるようなお店がこちら。「三坪」です。










実際、3坪もないこの店は、お客みんなで大合唱して盛り上がることも多く、深夜4時でも大音量の音楽が聞こえてきます。所狭しと並べているのは、麦焼酎の二階堂。全てキープボトルです。








常連であるワタクシも、ボトルを置かせていただいております。乾杯。










まだ開店前で時間があったので、店長のヒサノブさんからゴールデン街について教えてもらいました。


「お金持ちの人だったり学生だったり、色んな人がいるけれど、ゴールデン街では誰もが対等に横に並んで飲んでますね」

「そんなことって日常ではありえないし、普段交わるはずない人達が交われる、そんなとこがゴールデン街の面白いところかなって思います」

「普通に初対面の人から怒られたり、踏み込んだことを言われたりするので、それが嫌だって人もいるかもしれないですけれど、まだ若い僕たちからすると、社交性だったり、人と付き合うスキルみたいなのを勉強できて、僕にとってはとっても刺激的で楽しい街です」




普通の居酒屋で飲むのとは違い、人と人同士の距離が近い。それがゴールデン街なんですね。








ちなみに、ヒサノブさんは他店で酔っ払って陰毛を燃やされたりしていたところを、「お前面白いな」とスカウトされてお店を任されるようになったそうです。最初はお客として飲んでいたのに、いつの間にかカウンターの中でお酒を作る方になっている。こんなユニークな展開があるのもゴールデン街ならではかもしれませんね。


さて、次のお店にいきましょう。









続いてはこちら、「あしあと」です。「しの」で出会った常連の方が、「空きっ腹で飲むと酔いが早く回るので、飲む前にはここで食事を済ませる」と教えてくれました。










頭が天井にぶつかるほどの狭さ。










こちらは飲み屋というよりご飯屋さんの趣が強く、様々なメニューをママが手作りで用意してくれます。












魚料理がとにかく美味しいと聞き、納豆海鮮丼(1500円)を注文します。










咀嚼するたびに、口の周りの金の肌がはがれていきます。









う、うまい・・・!!!
刺身も美味いし、上にのってる群馬県産の「まじめな納豆」(という商品名)も大粒で臭みがなくて絶品。

奥の席に先にいたおじさまは、やたらとハイテンションで僕に「せんぱい!せんぱい!」と絡んできます。「ここは魚がうまいんだよな〜」と唸っているので、「常連の方ですか?」と聞くと「今日始めて来た」とのこと。かなり出来上がってるようです。



さっきの「しの」での常連さんの言葉が思い出されます。
「ここは泥酔してもいい街なんだよね」












こちらのママも面白い方で、いつも自分の頭髪をバリカンで刈るという豪快な人物。昔からゴールデン街で飲んでいた人で、あの野坂昭如や色川武大、田中小実昌といった著名な作家たちとも一緒に飲んでいた経験があるそうです。


昔のまだまだやんちゃな人が多かった時代だと、現在も演劇界で活躍されているような超大御所がナイフで人を刺そうとして、それをこちらのママが手で受け止めたりと、今では考えられないワイルドサイドな出来事もあったようです(本当に大御所の人なので記事に名前は出せませんでした)。












こちらはゴールデン街の入り口にある、「チャンピオン」というお店。ノーチャージでキャッシュオン形式なので、外国人の方でも「安心して飲める」と人気だそうです(外国人はチャージ料金が嫌いです)。

噂では、映画評論家の町山智浩さんが、クエンティン・タランティーノを連れてきたこともあったとか。













そしてここで紹介してくれたのが「ALTERNATIVE」というお店。場所はゴールデン街の中ではなく歌舞伎町の方にあるのですが、ゴールデン街のお店の系列店ということで、アリとさせてください。











ここは知る人ぞ知る「アブサン」の専門店です。



アブサンとは、薬草系のリキュールで高いものでは90度もあるような、アルコール度数の高いお酒(ウォッカですら40度前後です)。昔のフランスであまりの人気に製造禁止になったほどの大ブームを巻き起こしたそうです。ピカソやゴッホや太宰治、ジョニー・デップなど天才肌の愛飲者が多いとのことから、天才に憧れるワタクシも飲まない訳にはいきません。



このアブサンの水割りの作り方は、

グラスの上に専用のスプーンを渡して角砂糖を載せる→角砂糖の上からアブサンをそそぐ→角砂糖に火を点ける(香ばしい風味がつくとのこと)→火が消えたら専用の給水器からちょろちょろと水を注いでいき、最後に砕いた角砂糖を混ぜて飲む。というまるで黒魔術の儀式のような作り方。









角砂糖から立ち上るこの青い炎のかっこいいこと!厨ニ心がくすぐられる飲み物ですね。店長のトヨさんは、彫金師もしているアニキという言葉がぴったりの方。











オシャレな味っ!
薬っぽい風味でアルコール度数も猛烈に高いはずなのですが、角砂糖を入れた水割りは不思議とジャスミンハイのようにクイクイ飲めてしまいます。これは飲み過ぎに注意しないと危険ですね。


「せっかくゴールデン街に来たのだから、ここにも行ってみるといいよ」と、店長のトヨさんが、その場で知り合いのお店に電話をしてもらって次のお店のアポをとってもらいました。さっきからその場その場で取材先をどんどん紹介してもらってます。こうして次々と出会いが広がるのも、人情味溢れるゴールデン街ならではの出来事かもしれませんね。











ご紹介いただいたのは、こちらの「クリシュナ」というお店。











中東をイメージしたようなエキゾチックな内装のお店です。











なんと本日は、毎週行われているというベリーダンスショーがちょうど見れました。










いやぁ、女性の踊りを肴に酒を飲むって最高ですねえ!










なぜかゴールデンマンサックスも参加して楽しく躍らせていただくことに。露出度の高いお姉さんの衣装と胸の寄せ具合が凄すぎて、目のやり場に困りました。でも楽しかった!












ゴールデンマンサックスのゴールデン街探訪、今回はここで終わりです。

ゴールデン街には200軒近い飲み屋が密集していますので、今回ご紹介させていただいたのはほんの一部。人と人との距離が近く、その日初めて会った人でも、酒の勢いで昔からの知り合いのように言葉を交わせるゴールデン街。「今日は誰かと話しながらお酒が飲みたい気分だ…」と思った時は、思い切って飛び込んでみるのも一興です。きっと刺激的な一夜があなたを待っていることでしょう…



ただ………









飲み過ぎにはくれぐれも注意ください。




※取材に同行し、酔い潰れてしまったオモコロ編集長・原宿










※取材協力してくださったお店


・呑み屋しの
http://www.goldengai.net/shop/c/01/
(現在は紹介制ではないです、とのこと)

・三坪
http://www.goldengai.net/shop/c/11/
(少し古いページですが場所は同じです)

・あしあと
http://www.goldengai.net/shop/d/05/

・ALTERNATIVE
http://r.gnavi.co.jp/gam0702/

・クリシュナ
http://krishuna.com/









 
リトル田中の特集 | 2014.02.10 Monday | 記事URL | comments(26)
コメント
行ってみたいけど…。なかなか勇気が出ない笑
43587 | 名無し | 2014/02/10 12:28 AM
デイリーポータルZかと思った
と言うか編集長って他ライターの取材とかも同行してるんだ、と関心した
43588 | 名無し | 2014/02/10 12:32 AM
ズッキーニさんではないのか
43589 | 名無し | 2014/02/10 12:36 AM
たしかに最後までズッキーニさんかと思ってた。

顔なんて見たくないよと思ってたから良かった。

ただ別の意味で良くはないけど。
43590 | 名無し | 2014/02/10 1:33 AM
原宿さんの好感度だだ上がり
43591 | 名無し | 2014/02/10 1:40 AM
いい記事
43592 | 名無し | 2014/02/10 2:31 AM
とても22歳とは思えない
43593 | 名無し | 2014/02/10 3:14 AM
編集長仕事してんなあ。
43595 | 名無し | 2014/02/10 6:43 AM
原宿だらしねぇなぁ
43597 | 名無し | 2014/02/10 10:01 AM
この記事はオシャレすぎて、キモオタが大半のオモコロ読者層とは会わないんじゃないかな
43598 | 名無し | 2014/02/10 10:15 AM
いいと思うよ自分引きこもりだしなかなか行かんからねこういうとこ
43599 | 名無し | 2014/02/10 10:37 AM
おもろい
43600 | 名無し | 2014/02/10 11:14 AM
ゴールデンサックスマンがゴールデン街で成り上がる話かと思った
43601 | 名無し | 2014/02/10 12:09 PM
いい記事だけどオモコロのキャパはこんなもんじゃねえだろ!
43602 | 名無し | 2014/02/10 12:28 PM
ズッキーニのパクリかよって思ったけど、最後まで読めるしっかりした特集でした。
今度行ってみるよ!
43603 | 名無し | 2014/02/10 12:49 PM
これはズッキーニのパクリだからやめた方がいい
43604 | 名無し | 2014/02/10 1:16 PM
原宿かわいい
43605 | 名無し | 2014/02/10 1:46 PM
ズッキーニさんとはまた別の味があって悪くなかったと思う
43608 | 名無し | 2014/02/10 9:06 PM
ズッキーニとは違って正統派なところがいいね
ただ少し刺激が足りない感はあるかも
43609 | 名無し | 2014/02/10 9:45 PM
ズッキーニと違って面白いと感じないのはアングラ感が足りないからだな
43610 | 名無し | 2014/02/10 10:11 PM
大御所じゃなくても人を刺そうとした話はアカンで(笑)
43611 | 名無し | 2014/02/10 10:16 PM
いい!
43612 | 名無し | 2014/02/11 12:11 AM
ゴールデン街、意外と気軽に行けるよね。
今度はゲテモノ系のお店レビューしてくれ!
43613 | 名無し | 2014/02/11 12:15 AM
DPZ感はんぱないけどおもしろかった
43614 | 名無し | 2014/02/11 10:54 AM
こういうのいいね
43643 | 名無し | 2014/02/12 6:32 PM
こんにちは。
今度この記事で紹介されたお店「オルタナティブ」で間借りのカレー屋をさせていただくことになり、オルタナティブについて取材しているネット記事を探していたところこちらの記事にたどり着きました。

オルタナティブのお店のことをうまく面白くわかりやすく書いてくださっているので、こちらの記事を私のFacebookで紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
45602 | Sasa | 2017/11/05 11:18 PM
<< 平成ヤング絵本「メンヘルとスゲーデブ」 | 記事一覧へ | アイドルTwitterに学ぶ愛されるつぶやき方 >>

ライター別エントリー

月別過去アーカイブ

PR

忙しい現代人のための 2秒で読める 世界クイック名作集

おしっこ我慢大喜利 ~不動尿王決定戦~ [DVD]

童貞骨牌 [単行本]

抱かれたい道場!(1)

4コマまんが マジオチくん

カッコカワイイ宣言!(4)


カッコカワイイ宣言! コミック 1-3巻 セット


ヤング!ヤング!Fruits


偉人ブログ


うさねこ